ヘルペスという感染症にかかったことはありますか?幅広い年齢層で感染する可能性がありますが、ヘルペスはバルトレックスという薬で治療することができるんです。しかしバルトレックスには副作用があるという話もあり、少し不安になってしまうかもしれません。そこで、バルトレックスなどの性病治療薬の情報をまとめて調べてみましたので、不安を解消しましょう!

アモキシシリンは幅広く効果が期待できる

アモキシシリンはペニシリン系の抗生物質の1つで、細菌を殺菌する作用を持っています。
そのため細菌が原因で発症する性病などの病気に対して効くのが特徴です。
性病は性行為によって感染するもので、原因となる細菌には色々な種類があります。
細菌がいなくなることで、発熱や発疹、痛みなど体に表れている様々な症状を改善することができます。

また、アモキシシリンは胃腫瘍の初期段階の治療にも使われています。
アモキシシリンは胃腫瘍の原因となるピロリ菌を殺菌する効果があるからです。
ピロリ菌は胃粘膜に生息している細菌で、胃腫瘍を始めとする様々な胃の病気を引き起こします。
アモキシシリンは細菌の細胞壁の合成を阻害することで、細菌が増殖するのを防ぎ殺菌効果を発揮してくれます。
安全性の高い抗生物質として知られており、幅広い診療科で用いられています。
副作用も少ないとされているので、安心して使うことができます。

アモキシシリンは高齢者から大人まで、幅広い人を対象に用いられています。
カプセルタイプとシロップ用の細粒があります。
シロップ用の細粒(ドライシロップ)は子供向けで、カプセルタイプよりも飲みやすくなっています。
シロップ用の細粒の場合には、適量を水で溶いてから飲むようにします。
年齢によって用量や用法が違いますので、医師の指示に従って用法や用量をきちんと守って服用することが大切です。
アモキシシリンに重篤な副作用はあまりありません。

しかし、腎不全や血液障害などがまれに起こる場合があります。
それからアモキシシリンを服用すると、軟便になったり下痢になったりしやすいと言われています。
特にピロリ菌を除去する目的で使用する際に起こりやすく、下痢が続く時には医療機関を受診する必要があります。
軟便程度であれば、しばらく様子を見ても大丈夫です。
なぜ軟便や下痢になるのかと言うと、アモキシシリンの殺菌作用によって腸内に生息している細菌バランスが変化するからと考えられます。

犬用のアモキシシリンもあるの?

アモキシシリンには、犬や猫などを対象とする動物用の医薬品もあります。
動物用の医薬品も細菌の細胞壁の合成を防ぐ作用があるのは人間用と同じで、主としてグラム陽性菌・グラム陰性菌に作用します。
様々な細菌の感染症に効くのが特徴です。
犬や猫に投与する場合には、獣医師の指示に従って投与する必要があります。
経口投与を行うのが一般的で、対象となる動物の体重によって投与量は違います。
通常は体重1㎏に対して10mg~20mgを1日に2回ほど投与します。

対象動物にペニシリン系の抗生物質に対して過敏症の既往歴がある場合には、使用が制限されることがあります。
飼い主に同様の既往歴がある場合には、投薬作業は他の人に任せるといった対応をすることが必要となります。
また、アモキシシリンを抗血栓薬のワルファリンカリウムと併用すると、薬の作用を増強する恐れがあるので薬の飲み合わせには注意しなければなりません。
アモキシシリンを投与した後、便が柔らかくなってしまったり下痢の症状が出ることがあります。
通常は一過性のものなのですぐに収まりますが、下痢の状態が続くようであれば医療機関を受診して獣医師に相談することが大切です。
それから食欲が減退したり、嘔吐などの副作用も起こりやすいと言われています。

その他にも、アモキシシリンを投与してGPTが上昇することもあります。
アモキシシリンを保管しておく際には、直射日光が当たる場所や高温多湿の場所を避けて保管します。
小児の手が届かない場所に保管し、犬や猫が勝手に飲み込んだりしない場所にする必要もあります。
もし、誤って飲み込んでしまった場合にはすぐに医療機関を受診して獣医師の診察を受けるのがおすすめです。