ヘルペスという感染症にかかったことはありますか?幅広い年齢層で感染する可能性がありますが、ヘルペスはバルトレックスという薬で治療することができるんです。しかしバルトレックスには副作用があるという話もあり、少し不安になってしまうかもしれません。そこで、バルトレックスなどの性病治療薬の情報をまとめて調べてみましたので、不安を解消しましょう!

アンピシリンが作用する仕組み、作用秩序

アンピシリンは今までペニシリンでは効果がなかった細菌用に効くように新しく開発された抗生物質です。
ペニシリンよりも数多くの細菌に対し効果を発揮することができます。
アンピシリンの作用は一言でいうというと「細胞壁の合成を抑え、最近を死滅させること」です。

アンピシリンをはじめとしたペニシリン系抗菌薬は「βラクタム系抗菌薬」という種に分類されます。
βラクタム系抗菌薬には様々な種類が存在していますが、そのいずれも「βラクタム環」という構造を持っていることが特徴です。

アンピシリンの作用秩序は細胞壁に作用します。
細胞壁とは細菌の一番外側にある丈夫な膜のことで、ペプチドグリカンという成分を中心に構成されています。
このペプチドグリカンを合成する酵素の一つに「ペニシリン結合タンパク」というものがあります。

βラクタム抗菌薬はペニシリン結合タンパクと結合し、働くことができなくしてしまいます。
その結果細胞壁の合成を阻み、最近を死滅させることができます。

なお細胞壁は人体には存在しませんので細菌にのみ作用します。
人体であればほぼどの箇所であっても効果を発揮することができます。
つまりアンピシリンは細胞壁にペプチドグリカンを含む細菌に対して非常に効果的な抗生物質であるといえます。
たとえば扁桃炎やものもらいなどの重病ではないものの時たまかかってしまうような病気から肺炎や敗血症などの重い病気まで幅広く用いることができる薬です。
毎年多くの感染者が出てしまうインフルエンザ菌も殺傷することができます。
特に中耳炎や副鼻腔炎など、様々な耳鼻咽喉系の感染症に用いられる他、重症・軽症問わずやけどの二次感染防止のために処方されることもあります。

アンピシリンは人体の様々な箇所の感染症の治療に用いることができ、多くの種類の細菌に対して高い効果を発揮します。
人間の細胞を傷つけることはありませんので、安心して用いることができる抗生物質です。

ペニシリン系抗生物質はいくつもある

ペニシリンには様々な種類のものがあり、主に開発時期の違いにより第1グループ~第5グループに分類することができます。

第1グループは初期に開発された最初のペニシリンであり、一般的にペニシリンと呼ばれている抗生物質はこれに該当します。
グラム陽性菌に対して高い効果を発揮しますが、一方で陰性菌には無効となります。
肺炎球菌や連鎖球菌などに効果的であるため、現在でもベンジルペニシリンやPCGなどが幅広く処方されています。

第2グループはメチシリンやクロキサシリンなどのグラム陽性菌に有効なペニシリンですが、黄色ブドウ球菌(MRSA)に無効となるため現在は発売中止となり、病院などでの処方は行われていません。

第3グループはさらに改良を重ねて作用秩序を高めたペニシリンであり、アンピシリンはこれに該当します。
様々な細菌に対して効果を発揮する広域ペニシリンとして開発され、特にグラム球菌に対しては高い効果を発揮します。
アンピシリン以外にはバカンピシリン・タランピシリン・レナンピシリンなどがあり、インフルエンザなどの治療薬として幅広く一般に処方されています。
第3グループは様々な細菌に効果を発揮する優れたペニシリンですが、抗生物質に強い抵抗力を示す細菌(緑膿菌など)には無効となるため、その後さらに改良されたペニシリンが開発されています。

第4グループはピペラシリン・カルベニシリン・スルベニシリンなどであり、第5グループはアンピシリンにクロキサシリンやスルバクタムを加えたものや、スルタミシリンなどが該当します。
アンピシリンの弱点であった濃膿菌にもしっかりと作用しますが、病院などにおける一般への処方はこれからとなっているようです。