ヘルペスという感染症にかかったことはありますか?幅広い年齢層で感染する可能性がありますが、ヘルペスはバルトレックスという薬で治療することができるんです。しかしバルトレックスには副作用があるという話もあり、少し不安になってしまうかもしれません。そこで、バルトレックスなどの性病治療薬の情報をまとめて調べてみましたので、不安を解消しましょう!

バルトレックスのなかでも危険な副作用

バルトレックスにはいくつか副作用がありますが、主なものには肝臓の異常があります。
バルトレックスの有効成分である「バラシクロビル」は肝臓で代謝されますが、障害が疑われる症状として顔や身体の皮膚が黄色くなったりふくらはぎなどにだるさが出ることがあるでしょう。
バルトレックスの服用による肝機能障害が疑われる場合、例えば倦怠感やだるさ、食欲不振や吐き気・おう吐、発熱や発疹・かゆみなどがあげられます。
バルトレックスの影響で検査数値が基準値より高くなることもあれば、肝臓の機能がもともと弱くても悪くなることはないとも言われています。

まれにですが重篤な副作用もあり、発現確率として1%未満や頻度不明のものもありますが中には命の危険にかかわるような副作用もあります。
例えばアナフィラキシーショックや播種性血管内凝固症候群、血小板減少性紫斑病や中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群や呼吸抑制・無呼吸、間質性肺炎や黄疸、急性膵炎などの症状があります。
特に注意するべきはアナフィラキシーショックです。
医薬品を服用した時に起きる過敏反応をアナフィラキシー反応と言いますが、主な症状としてじんましんや皮膚のかゆみ、腹痛や吐き気、息苦しい症状などを引き起こすことがあるでしょう。
急激に血圧がダウンしたり、意識が薄れるようなショック症状が見られるのはアナフィラキシーショックで、これは死に至る可能性があるので非常に注意が必要です。
症状が現れたらすぐに病院に行くことをおすすめします。

最近ではバルトレックスなどの薬剤をインターネット通販を利用して購入することが可能です。
個人輸入代行サイトが多数存在していて、コストを抑えて購入することができます。
薬剤サイトにはさまざまなセット商品やプレゼントなどのいろいろなサービスを利用することができ、ポイント制度を採用しているサイトもあるので効率良くコストを削減しながら注文することが可能です。

もし通販で購入したバルトレックスで副作用がでたら?

バルトレックスは比較的安全性の高い薬なので、副作用が出たとしても過剰に心配する必要はありません。
様々な副作用が出たとしても、薬の服用が終われば改善していくことが多いので、症状が軽い場合は様子を見ていても構わないでしょう。

しかし、明らかに普通ではない重篤な症状が出た場合は話が別です。
体質やアレルギーの有無によっては重篤な副作用が出てしまう危険性もあるので、違和感を感じたらすぐに病院を受診する必要があります。
これは個人輸入で服用したバルトレックスでも同じで、病院処方ではないからと言って受診を躊躇する必要はありません。

通販で個人輸入した場合は、国による副作用の救済制度が適用されません。
このため重篤な症状が出ても自分で何とかするしかありませんが、病院へ行けばもちろん診察はしてもらえます。
病院では、きちんと個人輸入したバルトレックスを服用した後に不調を感じたと伝えましょう。
薬を個人輸入するのは違法行為ではないので、医師に怒られるわけではありません。
そんなことを気にして病院を受診せずにいると、副作用が悪化して取り返しのつかない事態になる危険性もあります。

病院を受診するほどではないと判断した場合でも、不安が大きい場合は念のためそれ以上の服用を中止したほうが良いでしょう。
バルトレックスの成分や添加物などに体質が合わなかった可能性もあるので、別の治療薬に切り替えてみるというのも選択肢の一つです。

通販は非常に便利な方法ですが、このように副作用が起きた場合は困ることになります。
万が一の時にどう行動すべきかをしっかりシミュレーションし、近所の病院や緊急時の連絡先などをチェックしてから服用することが大切です。