ヘルペスという感染症にかかったことはありますか?幅広い年齢層で感染する可能性がありますが、ヘルペスはバルトレックスという薬で治療することができるんです。しかしバルトレックスには副作用があるという話もあり、少し不安になってしまうかもしれません。そこで、バルトレックスなどの性病治療薬の情報をまとめて調べてみましたので、不安を解消しましょう!

長期服用によるバルトレックスの副作用

バルトレックスはそれほど副作用の強いタイプの成分ではありません。
しかし。
下痢や吐き気などの胃腸症状や発疹などの皮膚症状、めまいなどが現れることもあります。
このバルトレックスにおいて特に注意が必要になるのは長期服用などにより、量が非常に多くなった場合です。
その場合は意識障害や精神変調などを起こしやすくなります。
腎臓の働きが影響を与えやすいので、腎臓が弱っている方は注意しておく必要性が高まります。

バルトレックスの重い副作用として急性腎不全があります。
急激にこの状態になることは少なく、兆候が発生することが多いのでもし該当する症状が発生した場合は医師に相談することをお勧めします。
副作用として急性腎不全が発生する際に起こりやすい兆候の中には尿が少ない、または出ない、浮腫みや血尿などが挙げられます。
他にも吐き気や頭痛などが兆候として挙げられますが、これらは兆候とは限らない部分もあります。
一週間を超える長期の服用となると思い精神神経症状がでることもあります。
もうろう状態や混乱、痙攣などがその兆候となります。
精神的な副作用は体調不良に比べるとバルトレックスの影響であることが分かりにくい点には注意しておく必要があります。

5日以上の服用を行う場合は間質性肺炎などの副作用が出ることもあります。
から咳や息苦しさ、息切れ、発熱などがその初期症状として挙げられます。
特に運動をしている方はこの症状が大きな影響を及ぼす可能性があります。
長期服用を続ける場合は重い血液成分の異常が現れることもあります。
血液の異常というとなかなか普段の生活では気付きにくいですが、発熱や喉の痛み、口内炎、皮下出血などの形で発生することがあるのでその時に副作用が出ていることが分かります。

他にも呼吸抑制や食欲不振などの様々な副作用が起こり得ます。
初期の段階で重い症状がある場合は医師へと相談することをお勧めします。
特に長期服用の際には注意が必要です。

症状がおさまらなかったらどうする?

基本的に、バルトレックスによるヘルペスの治療は約5日間が1つのサイクルとなっています。
この期間服用するだけなら副作用が現れる心配も低いのですが、長期間服用を続ける再発抑制療法などの場合は注意が必要です。
どんな医薬品でもそうですが、服用する期間が長ければ長いほど、身体に負担がかかったり成分が蓄積したりして副作用が起きる可能性が高まります。

副作用が現れたとしても、一週間以内に症状が落ち着いた場合は大きな心配はありません。
それ以上経過しても一向に良くならなかったり、どんどん酷くなっていく場合はすぐに病院を受診する必要があります。
そのまま放置していても改善するとは限らないので、万一のことを考えてできるだけ早く医師に相談してください。

病院の指導によって再発抑制療法を行う場合、身体への負担をチェックするために定期的に血液検査が行われます。
このため自覚が無くても副作用に気付けるケースも多いですが、通販で自主的に行っている場合は検査が受けられないので自分の感覚が頼りです。
違和感や不調を感じ、それがいつまで経っても収まらなかったら必ず一度は病院で診てもらうようにしましょう。
通販でバルトレックスを服用した場合でも、正しく診断してもらうために正直にその旨を伝えることが大切です。

再発抑制のために長期間服用した場合のバルトレックスの副作用は、一般的な風邪症状とも似ているのでなかなか気付けない人も多いです。
5日間の服用とは異なり、副作用症状が何度も繰り返し起きるという特徴もあります。
日ごろから体調の変化に十分注意しておくことが大切なので、バルトレックスを服用している間はくれぐれも油断しないようにしましょう。